LABORATORIES Embryolisse

お問い合わせ

0120-838-747
TOP > Beauty Blog > 【肌タイプ別お手入れ方法】乾燥肌

【肌タイプ別お手入れ方法】乾燥肌

2016/10/20
タグ :
アンブリオデルム モイスチャークリーム アンブリオリス ボディミルク アンブリオリス モイスチャークリーム アンブリオリス モイスチャーミルク フィラデルム モイスチャークリーム

定義

乾燥肌の多くにはくすみがあり、ざらざらした手触りで滑らかさに欠けます。皮むけやつっぱり感が気になるなど、不快感を伴う場合も少なくありません。その一方でキメが細かいため、見た目には比較的美しい印象を与えることも多いようです。
構造的に見ると、乾燥肌の角質層(肌表面のバリア層)は非常に薄く、下の層に含まれる水分を保ちにくくなっているため、しばしば水分が不足しがちです。また皮脂分泌量が少なく脂質が不足しており、皮脂膜の働きも弱くなっています。

原因

子供時代、更年期、高齢期など、人生の決まった時期には肌が乾燥しやすくなります。
外部環境も肌の状態に影響を及ぼし、乾燥を促すことがあります。具体的には風、寒さ、日光、洗浄剤との接触、肌に合わない衛生・ケア製品の使用、一部医薬品の服用などが挙げられます。
一部には例えばアトピー性皮膚など、遺伝子学的な要因で皮膚が乾燥するケースもあります。

対策は?

肌の乾燥が進むと、水分が失われて老化も早まります。ここで重要なのが油脂分の補給。最も効果的な製品は、オイル、バター、ワックスなどを豊富に含む栄養補給製品です。こうした製品は表皮上層を修復して皮膚細胞内における水分保持をサポートしてくれますので、これにより肌がバリアとしての機能を十分に果たせるようになります。
健やかな肌のためのアドバイス:
多くの場合、健康的でバランスのとれた食事から十分な脂質を摂取可能です。ただし、以下のような場合には脂質が不足することも。
- 肌を刺激し水分を奪う冬の寒波到来期。
- 油脂分の摂取を控えがちになる「ダイエット」中。
油脂分を完全にカットするのは得策ではなく、毎食大さじ2杯相当を摂取する必要があります。その際オメガ3脂肪酸や必須脂肪酸を優先すれば、肌を健康に保つことができます。

美容のためのコツ

キレイに洗って水分を拭き取った肌に栄養補給用ケア製品を塗り(首も忘れずに)、下から上、中央から端へと円を描くように1分間優しくマッサージします。目元には油脂分を塗らないでください(はれぼったくなることがあります)。メイクはその後少し時間をおいてから。週に1~2回は油分や水分を補給するパックを使用しましょう。