ビューティーコラム

夏もボディの保湿ケアが重要な理由!乾燥しやすい夏の肌をうるおすポイントは?

「ボディクリームと言えば秋冬」というイメージが強いせいか、夏が近づくにつれて「汗でべとつきやすいから、身体は保湿しなくても大丈夫」とボディケアを止めてしまっていませんか。

実はボディの肌は初夏から真夏の気温・湿度が高いシーズンでも乾燥しやすく、常にダメージが蓄積されています。

そのため、春から夏にかけてもきちんとボディクリームやボディミルク(乳液)で保湿をしなければ、秋冬にはさらに乾燥が悪化してなかなか改善しないことに!

今回のビューティーコラムでは、どうして夏でもボディの保湿ケアが必要なのか、その理由とボディクリームの塗り方のポイントについてご紹介します。

夏でもボディの保湿が必要な理由って?

どうして汗や皮脂でベタベタする夏に肌が乾燥するのか疑問に思われる方は多いはずです。

そこで、夏の肌が乾燥する主な原因を見ていきましょう。

【夏の肌の乾燥の原因1.多量の汗】 

気温が上昇する夏場は体温調節機能が働き、汗腺からが分泌されます。すると肌表面に出た汗が蒸発する時の気化熱によって、体内にこもった熱も一緒に外に逃がし、体温を下げます。

しかしこの汗によって体内の水分は外に排出され、さらに汗の蒸発とともに肌内部の必要な水分までも蒸発してしまうのです。

【夏の肌の乾燥の原因2.エアコン(冷房)】 

夏場は屋内ではエアコンが効いているため、室内は涼しく湿度は低くなっていることは珍しくありません。

暑い屋外で多量の汗をかき、屋内に入るとエアコンの冷気で汗が蒸発し乾燥が進む……。これを毎日何度も繰り返すことで、肌内部の水分量が減少して乾燥肌になってしまうのです。

【夏の肌の乾燥の原因3.紫外線】 

紫外線は肌表面から内部にまでダメージを与える外的要因の一つ。

特に夏の強い紫外線は肌へのダメージ力が強いため、無防備に当たっていると肌表面のバリア機能が正常に働かなくなり、肌内部の水分はさらに蒸発しやすくなってしまうのです。

【夏の肌の乾燥の原因4.冷え】 

夏場は冷たい飲食物を摂取したり、入浴をシャワーだけで済ましたりと、身体を冷やすことを優先しがち。

しかし身体を冷やしすぎると血行や代謝機能が衰え、肌のターンオーバー(細胞の生まれ変わりサイクル)も乱れてしまいます。

すると、健康な角質細胞が育たなくなるため肌の乾燥は進行し、炎症などの肌トラブルにまで発展する可能性が高まるのです。

ボディクリームの塗り方ポイント

では、ボディの保湿に欠かせないボディクリーム・ミルクを塗る際の押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

ポイント1:お風呂上がりの身体が温まっている時に塗る。

ポイント2:(ボディクリームの伸びが悪い場合)化粧水で保水してから塗る。

ポイント3:ゴシゴシと摩擦を与えないように、円を描くようにマッサージしながら塗る。

ポイント4:塗りにくい背中には「手の甲」にクリームを広げて塗る。

特に一度乾燥すると改善されにくいヒジ・ヒザなど、乾燥が気になる部分は丁寧に重ね塗りをして潤して。

 

顔と同じくボディの肌も、一年中いたわってあげましょう!

アンブリオリスのおすすめアイテム

■顔からボディまで全身潤すライトなミルク・・・アンブリオリス モイスチャーミルク

アンブリオリスのロングセラー保湿クリーム「アンブリオリス モイスチャークリーム」から生まれた全身用保湿ミルク

べたつかずに伸びが良く、水分の多い軽いテクスチャーなので、汗が気になる夏場でも使いやすいと好評です。

植物由来の保湿成分(ダイズタンパク、アロエベラ)がうるおいを与え、エモリエント効果に優れたミツロウやシアバターが繊細な乾燥肌を守ってしなやかにします。

顔からボディまで全身の保湿ケアにはもちろん、クレンジング・化粧下地、さらには男性のアフターシェイブケアにもおすすめです!

*¹加水分解ダイズタンパク
*²アロエベラ葉エキス

 

全身に使いやすいスプレータイプの化粧水・・・「アンブリオリス ロザメリスローション」

ローズ・オレンジ・ハマメリス・コーンフラワーの4種の植物エキス配合で、肌を引き締めながらうるおいを与えるノンアルコール化粧水は、ボディローションとしてもお使いいただけます。

ボディミルクを塗る前に全身にスプレーして水分を補給。

ほのかな優しいローズの香りも楽しめます。

各アイテムの詳細は、商品画像をクリック!

全身に使用できる
ライトなテクスチャーの
保湿ミルク

アンブリオリス
モイスチャーミルク
/ 500mL

\3,850(税込)

肌を引き締めながら
うるおいを与える
ノンアルコール処方の化粧水

アンブリオリス
ロザメリスローション
/ 200mL

\2,530(税込)

その他のおすすめ記事

顔のテカリを抑えたい!Tゾーンのテカリ防止スキンケア方法

肌のハリ不足が気になる!たるみを改善して印象アップを狙いましょう

疲れてみえる目元をイキイキとした状態に整えるメイクアップアーティストの秘訣とは?