ビューティーコラム

秋のくすみ肌に欠かせないスキンケア対策!おすすめインナー・アウターケア紹介

くらくらするような暑い夏が去り、涼しくて過ごしやすい秋到来。おしゃれを楽しむのにぴったりな季節ですが、お肌の雲行きがなんだかあやしい……。

いつもより顔色が悪く見える! そう感じる人も少なくないのではないのでしょうか。

そこで今回のビューティーコラムは、秋に気になるくすみ肌の原因を探るとともに、おすすめのケア方法をご紹介します。すっきりとした明るい肌を手に入れるために、秋も楽しくスキンケア時間を満喫しましょう。

秋のくすみ肌の原因は2つ!

肌のお手入れをする前に、まずはくすみの原因を知っておくことが大切です。秋のくすみ肌の主な原因として、以下の2つを見ていきましょう。

原因1.身体の冷え

夏本番の7月~8月が過ぎ、9月も半ばに突入すると気温はグッと落ち着きます。

同時に、急に涼しくなると自ずと身体が冷え、血行不良を招いてしまうことに! すると、プール開きの日に唇が紫になるのと同じく、「顔色がどことなくパッとしない」「血色が悪い」という事態に陥ります。
冬に比べると寒さを感じにくい季節ですが、お肌の身体も冷えやすいと意識して、冷え対策をしっかりと行いましょう。

原因2.紫外線によるダメージ

乾燥・シミ・そばかすなど、数多くの肌トラブルを引き起こす紫外線。しっかりとUV対策を行っていたとしても、100%しのげるというわけではありません。

とくに乾燥は角質層のうるおいを奪い、肌表面のごわつきを招いてしまいます。輝きの失われたカサカサの肌表面では光をキレイに反射できず、また未熟な角質細胞が厚く積もることで肌はどんよりとくすんでしまうのです。

なお、空から降り注ぐ紫外線量は夏より減少するとはいえ、紫外線が全くなくなることはないため、紫外線ダメージは秋になっても侮れません!

引き続き日焼け止めやサングラス・帽子などを着用し、紫外線からお肌を守ることをおすすめします。
秋のくすみ肌は、スキンケアやコスメはもちろん、さまざまな角度からアプローチできます。原因を知ったうえで、冷え・紫外線ダメージに打ち勝つためのケアを実践していきましょう。お肌のトーンアップを図りたい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

<冷え対策編>インナー・アウターともにアプローチ

秋に陥りがちな冷えは、身体の外側はもちろん内側からもケアできます。

カーディガンやストールをはじめ、腹巻きや靴下を着用するなどの対策は基本。さらに食べ物やマッサージなどで、身体をあたためることが重要です!

対策⑴ お風呂でじっくりあたたまる

暑さの続く夏のお風呂は、シャワーでさっと済ませる人も多いのではないでしょうか。涼しく過ごしやすい秋はぜひ、バスタブにお湯をはって入浴するのがおすすめです。
ぬるめのお湯にゆっくり浸かると、身体があたたまり血行の改善に繋がります。

さらに保湿・引き締め・リフレッシュなど、さまざまな効果が期待できる入浴剤を使うことにより、ワンランク上のバスタイムが叶うでしょう。

対策⑵ フェイス&頭皮マッサージで血行アップ

入浴後のあたたまった肌に、マッサージを施すのも1つの手です。血のめぐりがスムーズでない頭皮は固くなりがち。前髪の生え際からこめかみにかけて、ゆっくりともみほぐしてみましょう。

また、目の周りのくすみやクマが気になる場合は、目の上下にある骨のキワをゆっくりとプッシュ。トーンアップとともに、頭や目がすっきりとするでしょう。
ただし、日焼けして間もない炎症や赤みが見られる肌には適していません。肌の状態がひと段落してから、様子を見つつ実行しましょう。

対策⑶ 秋の味覚でビタミンチャージ

食べ物によるケアは、ビタミンが多く含まれる食材が好適です。秋の味覚の代表格であるさつまいもは、食物繊維のほかビタミンC・Eが豊富。イモ類に含まれるビタミンCは熱を加えても壊れにくい性質のため、焼いたりふかしたりとお好みの調理法で楽しめます。

また、果物の中で注目したいのが柿。実はみかんやレモンなどの柑橘類よりも、ビタミンCをたっぷりと摂ることができます。
さらに鮭やサバ・太刀魚などの魚介類も、ビタミンが多く含まれていますよ。食欲の秋を堪能しながら、くすみをケアしていきましょう。

<紫外線ダメージ編>スキンケア&コスメをチェンジ

インナーケアなどを強化したうえで、スキンケアやメイクの方法を工夫すると、より効率的にくすみ肌にアプローチできます。
紫外線でダメージを受けた敏感な秋のお肌は、保湿ケアをベースにプラスαのケアを心掛けてみてください。

対策⑴ コントロールカラーでくすみをカバー

メイクでくすみを隠す方法は、最も手早く実行できる対処法です。とくにおすすめなのが、ワントーン明るい印象に見せてくれるラベンダーのコントロールカラー。

目の下などくすみがとくに気になる部分にポイント使いしたり、顔全体に塗り広げてトーンアップを図ったりと、使い方はさまざまです。なるべく時短で済ませたいという人には、下地を兼ねられるタイプがぴったりです。

対策⑵ 導入美容液で角質層への浸透をサポート

化粧水の入りがいまいちだなと感じるときは、導入美容液を取り入れてみるのもひとつの手。化粧水の前などに使用すると、あとから使うスキンケアの角質への浸透を助けてくれます。

肌表面の角質を柔軟にする役割もあるため、乾燥はもちろん、かさつきやごわつきなど肌当たりが気になるときにも好適です。

対策⑶ エイジングケア美容液の導入

保湿・ニキビ用などさまざまな化粧水がありますが、おすすめなのがエイジングケアできる美容液。肌荒れを防ぐものや高保湿タイプ、ハリ・ツヤを与える有効成分入りのアイテムも。
乾燥も気になる秋のくすみ肌には、これらの成分が含まれるものがおすすめです。

お肌をしっとり潤しつつ、ワントーン明るい肌に導いてくれますよ。ただし紫外線によるダメージがひどいときには、肌の調子に合うかどうか様子を見ながら使用しましょう。

アンブリオリスのおすすめアイテム

みずみずしいつや肌を叶える美容液…「アンブリオリス スムースラディアント コンプレクション
スキンケアのあとに使用すると、なめらかでふっくら弾むようなお肌に導く日中用美容液。ヒアルロン酸をはじめ、カラスムギ穀粒エキス・加水分解シロバナルーピンタンパク・アルファルファエキスなど、お肌を潤し整える成分を配合しています。

さらに、年齢肌にうれしいビタミンE(トコフェロール)がくすんだお肌にハリをプラス。パールのような光沢があるため、ナチュラルにつややかな輝きを与えます。

またディスペンサータイプなので使いやすく、衛生的に保てるのもポイント。40mLの手頃なサイズ感は、ポーチに入れて持ち運ぶときにも活躍します。

アイテムの詳細は、商品画像をクリック!

メイク前の
お肌を整える
美容液

アンブリオリス
スムースラディアント
コンプレクション
/ 40mL

\3,520(税込)

関連のおすすめ記事

ストレスと肌の関係性って?上手に付き合って健やか肌へ!

夏のダメージ肌を秋に持ち越さない!オイルケアでやさしく回復

崩れ知らずの夏メイク術!崩れにくいコスメ選びのポイントまとめ