ビューティーコラム

スキンケアも秋仕様にチェンジ!お手入れ方法の工夫で年中美肌へ

すこやかで美しい肌を作りあげ、時にはモチベーションも左右するスキンケア。肌質に合わせた方法やアイテムを選びがちですが、季節に合わせたスキンケアがあることをご存じでしょうか。

今回のビューティーコラムでは、季節別の肌悩みを解説するとともに、それぞれに適したスキンケアをご紹介します。春夏秋冬が引き起こすトラブルを上手く交わし、年中輝くような肌を手に入れましょう。

春夏秋冬おなじスキンケアはNG?

寒さ・暑さ・じめじめ・カサカサなど、環境が移り変わるのと同じく、季節によって肌の状態も変化していきます。

春夏は皮脂分泌が盛んでべたつきやすい一方、秋冬は空気が乾燥してうるおい不足に陥りがち。肌と環境は密接に影響し合い、バランスをとり合って存在しているとも言えるのです。

そのバランスをスキンケアという形でサポートすることこそ、年中美しい肌を作り上げる近道。

とはいえ、元々もつ肌質をベースに、季節ごとに変わる使用感に耳をすましてみることも重要。乾燥肌だからといって、べたつく夏も高保湿タイプのアイテムを使わなければならない、というわけではありません。

テクスチャーの感じ方もその時々で細やかに変化し、我慢して使い続けるとかえってストレスに感じてしまうこともあります。
春夏秋冬それぞれの環境ストレスと向き合いながら、心地よいと思えるスキンケアを探っていきましょう。

季節ごとのスキンケア紹介

環境に応じてスキンケアを変える必要性について知ったところで、次は実際に4つの季節が肌にどのような影響をもたらすのか解説します。
季節ならではの肌悩みにアプローチするスキンケアアイテムもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【春】花粉や寒暖差が大敵!紫外線も侮れない

冬の寒さから一変、うららかな陽気の春は、気温差により肌のサイクルが乱れやすくなります。
肌バリアの低下によるさまざまなトラブルのほか、花粉やPM2.5、黄砂などの大気汚染物質にも要注意。花粉症の人は、マスクによる擦れも肌が荒れる一因となります。

さらに、寒暖差や花粉などに加え、紫外線トラブルは春に見落としがちなポイント。やわらかな日差しが降り注いでいるようにみえますが、実は秋口と同じくらいの紫外線量があります。春も油断せず、紫外線対策を行いましょう。

<<春に懸念される肌トラブル>>
・寒暖差によるターンオーバーの乱れ
・ターンオーバーの乱れによる潤い不足
・花粉や大気汚染物質による肌荒れ、ニキビ
・紫外線によるシミやシワ

<<春におすすめのスキンケア>>
・保湿&保護成分入りUVクリーム
・花粉対策スプレー or プロテクトスプレー
・肌負担を軽減する保湿クリーム

【夏】降り注ぐ紫外線が肌の大きな負担に

野外のレジャーやイベントが目白押しの夏は、紫外線やエアコンなどによる肌トラブルの危険がたくさん。紫外線はシミ・そばかすが心配されるだけでなく、肌のすこやかさを司るバリア機能も低下させます。

免疫力の落ちたお疲れ肌は、さまざまな肌悩みにつながってしまうことに。
皮脂分泌の活発化によるオイリー肌に加え、肌内部の隠れ乾燥にも気を配りましょう。照りつく日差しを避けるように、しっかりと対策をうっておくことが大切。もちろん日傘や帽子など、日除けグッズも必須です。

<<夏に懸念される肌トラブル>>
・日焼けによるキメの乱れ、赤み
・皮脂分泌による毛穴の開き、べたつき
・エアコンなどによるインナードライ(乾燥)

<<夏の肌におすすめのスキンケア>>
・皮脂をしっかり除去するクレンジング、洗顔料
・収れんタイプの化粧水
・炎症を鎮静させる化粧水
・ウォータープルーフ仕様の日焼け止め

【秋】夏のダメージに要注意!ゆらぎやすい季節

暑さがようやく和らぐ秋は、夏の間に受けたダメージがじわじわと肌に現れる季節。日焼けによる直接的な炎症は落ち着いてくる頃ですが、蓄積されたメラニンとまだ一定量降り注ぐ紫外線によって顔色がくすみがちです。
また急な気温の低下により体のリズムが崩れ、また湿度がグッと落ち着くことで水分不足が加速してしまいます。

堪える秋の冷えは体だけでなく、肌にもさまざまな不調を招きます。ターンオーバーが乱れることによる、乾燥や吹き出物などの肌荒れに要注意。丹念なお手入れが必要ですが、肌が敏感な状態のため、やさしいスキンケアを心がけましょう。

<<秋に懸念される肌トラブル>>
・メラニンの蓄積による肌のくすみ
・冷えによる肌表面のカサつき、ごわつき
・夏ダメージを引きずった肌の乾燥

<<秋のおすすめスキンケア>>
・くすみのない肌色に整える美容液
・肌表面をやわらげる&油分補給の乳液
・肌に負担の少ない化粧水、クリーム

【冬】深刻な乾燥や赤ら顔の悩みに潤いを!

気温がガクッと下がる冬は、空気の乾燥やエアコンの風による乾燥に最も注意が必要です。秋同様、冷えによるバリア機能の低下も際立ちます。うるおい不足によるカサつきや、マスク・マフラーなどによる摩擦が肌荒れを引き起こすことも。また、赤ら顔や粉ふきも冬ならではの肌悩みです。

オイリー肌の人は乾燥に無縁のようにも思えますが、皮脂の分泌は落ち着いているので、いつもと同じスキンケアはNG。なるべく摩擦を抑えられるよう、ダブル洗顔や擦りすぎは避け、質の高いスキンケアを重視しましょう。

<<冬に懸念される肌トラブル>>
・空気の乾きやエアコンによる深刻な乾燥肌
・水分不足による粉ふきや肌荒れ
・敏感な状態が引き起こす赤み、赤ら顔

<<冬におすすめのスキンケア>>
・保湿成分リッチなフェイスパック
・浸透性の高いモイスチャー化粧水
・ごわついた肌にハリを与える美容液、クリーム

アンブリオリスのおすすめアイテム

やさしいメイクオフの拭き取りクレンジング…「アンブリオリス クレンジングミセルローション

「アンブリオリス クレンジングミセルローション」は、ゆらぎがちな肌の負担を抑えながらメイクを落としたい人にぴったりの拭き取りクレンジング。植物由来の洗浄成分によって、やさしくメイクをオフしすっきりと洗い上げます。
また、グリセリンやフラワーエキスなどの保湿成分も入っているため、クレンジング後の素肌はやわらかでしっとり。オイルが含まれていないので、まつげエクステをされている人も使用できます。通常サイズの250mlのほか、トラベルサイズの100mlやお試しサイズの50mlもラインナップ中。

パリ発祥のロングセラーアイテムでなめらかな肌へ…「アンブリオリス モイスチャークリーム

パラベンとアルコールは無添加のため、敏感肌の人*でも手にとりやすい設計。保湿クリームだけではなく、下地やクレンジング・マッサージクリームとしても使用できます。種類の異なるスキンケアを重ねて肌に負担をかけたくない、という時にも。
*: すべての方に肌トラブルがおきないわけではありません。

各アイテムの詳細は、商品画像をクリック!

ふき取るだけで
素肌をやさしく
洗い上げる

アンブリオリス
クレンジング
ミセルローション
/ 250mL

\3,080(税込)

ロングセラーの
保湿・下地クリーム

アンブリオリス
モイスチャークリーム
/ 75mL

\3,080(税込)

関連のおすすめ記事

髪の毛の静電気は乾燥が原因!?早めの対策でうるさら美髪をキープ

睡眠不足はお肌の大敵って本当?快眠サイクルでもっと美肌へ!

秋のくすみ肌に欠かせないスキンケア対策!おすすめインナー・アウターケア紹介