ビューティーコラム

春の湿疹・かゆみ・赤み改善!花粉と肌の関係性と花粉肌荒れ対策

くしゃみが止まらなかったり、目が赤くなったりとさまざまな悩みを伴う花粉ですが、肌にも影響を与えることをご存じでしょうか。

春になると決まって肌にブツブツができる、赤みが出るといった方は要注意。今回のビューティーコラムでは、花粉と肌の関係性をお話するとともに、花粉による辛い肌荒れを防ぐ対策と対処法をご紹介します。

体の内外から十分ケアして、花粉に負けないすこやかな肌で気持ちよく春を過ごしましょう。

春の肌荒れ「花粉皮膚炎」について

くしゃみや鼻水をはじめ、熱感やだるさなど辛い症状を引き起こす花粉。実は肌との関係性も深く、春の肌荒れと呼ばれる「花粉皮膚炎」を招くこともあります。

イネやヒノキ・ブタクサなど、季節を通して年中飛ぶ花粉ですが、なかでも数が多いのが春に流行するスギ花粉。飛散量はもちろん、影響力の強さも比例するため、春になると多くの方が花粉による不調に悩まされているのはこのためです。

肌表面のバリア機能は、乾燥をはじめ、ちょっとした肌のゆらぎ、鼻をかんだときのティッシュの擦れなどでも低下します。そのため、バリア機能が低下した肌の表面に花粉などのアレルゲンが触れると、アレルギー反応が出現してしまうのです。

皮膚の赤みやかゆみ、プツプツとした湿疹など、症状はさまざま。一般的な症状が現れず、肌のトラブルだけ発症することもあるため、この肌荒れが花粉によるものだとなかなか気づかないケースも多々あります。

毎年春になると目の周りの皮膚が厚くなってゴワゴワになる、浮いたように赤くなるといった方は花粉による肌荒れの可能性が大きいでしょう。

花粉による肌荒れを防ぐ美肌対策

春の訪れとともにやってくる肌荒れは、さまざまな対策で防ぐことができます。今すぐに習慣化できることばかりですので、花粉による不調が心配な方はぜひチェックしてください。

対策⑴なるべく花粉が付着しないようにする

少し近付いただけでむずむずとかゆくなるような花粉は、なるべく体に付着させないことが第一。

外出するときは、マスクやメガネ、帽子やストールなどの装備品で肌の露出をなるべく防止することが大切です。

どうしても隠し切れない顔周辺は、メイクでカバーしてみては。バリア機能を左右する角層のうるおいを保つため、メイクアイテムに含まれる水分と油分をしっかり補給しながら肌を保護。ただし、肌が敏感な方や荒れ気味な方は、これ以上肌に負担をかけないアイテムを選ぶこともポイントです。

対策⑵家に花粉を持ち込まない

装備を強化すると肌は守れるものの、外に出るとどうしても衣服などには花粉が付着してしまいます。

そのまま家に入ってしまうと、花粉を室内に連れ込んでしまう結果に。外から帰ったら、まず玄関先でコートや衣服についた花粉を払うように習慣づけることがおすすめです。

そして帰ったら真っ先に手洗いうがいをし、シャワーを浴びて清潔な衣服に着替えましょう。また花粉のシーズンは、洗濯物は外に干さず室内干しに留めておくのがおすすめです。

万が一室内に花粉を持ち込んでしまったら、空気清浄機などを活用しましょう。

対策⑷バリア機能を維持するケアを

花粉による諸症状を予防するためには、バリア機能を健やかに保つこともポイントです。

肌を守るバリア機能を壊さないためには、大きな刺激を与えず水分を十分に満たすことが重要。保湿成分配合のクレンジングや洗顔料を使用して、ほどよい力加減で肌に摩擦を与えずに洗ってください。

洗顔後は、保湿成分入りの化粧水や乳液、クリームなどのスキンケアでうるおいチャージを徹底。刺激が気になる場合はノンアルコール処方のアイテム使用をおすすめします。

肌への直接的なアプローチに加え、睡眠や食生活などの見直しで生活のリズムを整えることも、バリア機能を維持する一助となりますよ。

かゆみや赤みなどが現れたときの対処法

いくら対策を心がけていたとしても、仕事などで疲れていると症状を防げないことも。かゆみ赤みが出てしまったときに、元の肌にいち早く戻るための対処法をお伝えします。

かゆくても肌をかかない

我慢できないほどのかゆみがあっても、肌をかかないよう注意が必要です。爪でひっかくこと肌を傷つけるだけでなく、さらなるバリア機能の低下を招くことともあります。

跡になったり症状が悪化したりしないよう、あまりに辛いといった場合には、かゆみを抑える塗り薬の使用を視野に入れるのもひとつの手です。ただし、症状が長引く・悪化するなど気になる場合は、皮膚科を受診しましょう。

インナーケアで内も外もすこやかに

直接的なケアにプラスして行いたいのが、体の内側から整えていくインナーケアです。睡眠や食事の質向上は予防だけでなく、実際に肌が荒れてしまったときにも効果的。

肌の生まれ変わりを促すターンオーバーを正常に働かせるため、寝不足を防いで規則正しい生活を心がけることをおすすめします。

栄養バランスのよい食生活が送れるか心配な方は、サプリメントやドリンクなどの併用も。たっぷりの睡眠と栄養摂取とともに、ストレスを溜め込まず日常生活のなかでリラックスタイムを作ることも、大事なインナーケアのひとつです。

敏感肌にノンストレスなスキンケア

肌荒れで敏感になった肌は、いつも以上に丁寧なスキンケアを。普段はなんともないことでも、弱った肌はすぐに反応してしまいます。

新しいスキンケアに挑戦したり、種類を増やしたりといったことも避けたいもの。なるべくベースとなるアイテムを減らし、シンプルなケアに努めてみてください。

通常の洗顔でも強く叩かない、擦らないことはもちろんのこと、たっぷりの泡で肌をやさしく包み込むように行いましょう。

また、すすぐときは、熱すぎず冷たすぎない、肌がストレスを感じにくいぬるま湯がベストです。

アンブリオリスのおすすめアイテム

肌に負担をかけずに洗い上げるクレンジング…「アンブリオリス クレンジングミセルローション

洗い流し不要のオイルフリー処方クレンジング「アンブリオリス クレンジングミセルローション」。

すすぎのダメージを与えない洗い流し不要タイプで、植物由来の洗浄ミセルがメイクや肌表面の汚れをオフするWのやさしさ。

さらにグリセリンやフラワーエキスなどの保湿成分入りで、クレンジングしながら保湿ケアも叶えます。クレンジング後はすっきりとしながらも、しっとりと柔らかなお肌に。オイルフリー処方なので、マツエクをしている方もご使用できます。

肌の乾きをうるおいで満たすならコレ…「フィラデルム モイスチャークリーム

乾燥を防いでバリア機能を高めたい方は、うるおい成分豊富な「フィラデルム モイスチャークリーム」で保湿ケアをしてみては。

植物由来のダイズタンパクやアロエベラのほか、エモリエント効果のあるシアバターやスクワラン、シアバターといった保湿成分がしなやかな肌に導くクリームです。

保湿クリームとしてはもちろん、化粧下地として代用すると、素肌感あふれる艶やかな仕上がりに。朝晩のお手入れだけでなく、うるおいリッチな化粧下地をお探しの方にもおすすめです。

各アイテムの詳細は、商品画像をクリック!

ふき取るだけで
素肌をやさしく
洗い上げる

アンブリオリス
クレンジング
ミセルローション
/ 250mL

\3,080(税込)

うるおい成分を
豊富に含んだ
保湿クリーム

フィラデルム
モイスチャークリーム
/ 75mL

\3,520(税込)

関連のおすすめ記事

ひどい手荒れは原因に合わせてケア!ハンドクリームの選び方をおさらい

ブルーライトから肌を守ろう!体への影響を知って今すぐ予防を

紫外線対策はなぜ重要?
SPF・PAの意味や吸収剤・散乱剤の違いまとめ